Mizuki Nakajima Official Website 

    中島未月 公式サイト     
本文へジャンプ
TOP ごあいさつ プロフィール 著書 五行歌 近況 ブログ リンク  

   

生きてゆくことは、しあわせな言葉を一つひとつすくいあげてゆくようなもの
幸せな言葉は、使う人自身や周りの人を幸せな気持ちにしてくれます
くり返す毎日、心の晴れる言葉を探しながら暮らしてみませんか?



お知らせ

2017.6月
 『PHP のびのび子育て』7月号にて、子どもの「好き」を大事にして、というエッセイを掲載して
 いただきました。どこかで見かけられたら、ぜひ。 

2017.3月
 「関西・祈りをめぐる物語」
 なかでも、“邪馬台国・卑弥呼”を探す旅は、考古学ファンの方に喜んでいただいています。
 奈良県の唐古・鍵遺跡纒向遺跡からみた女王・卑弥呼像をぜひ。

2016.9月
 9月より、Webサイト・関西ウーマンにて、「関西・祈りをめぐる物語」の連載が始まりました。
 毎月・第2木曜日更新で、全10回の予定です。お時間のあるときに、ぜひ。

2016.3月 
 写真詩集『あなたに、会えてよかった』(PHP研究所/1300円+税) が発売になりました。

      

 『だから優しく、と空が言う』でご一緒した、空の写真家HABUさんとのコラボレーション。
 人生の中で出会った「会えてよかった」と思う人たちにプレゼントして欲しい、そんな想いを
 込めて作った一冊です。ただいま、発売を記念したBook Movieを公開中です。

 
2015.3月

 絵本『さよなら、またね』の翻訳版『안녕,또 보자』が韓国で発売になりました。

 翻訳版は、韓国書籍・絵本などを扱う「韓国情報広場」さんにて、ご購入いただけます。
 日本語版と合わせて、語学学習などに、お役立ていただければ嬉しく思います。


日々のこと~ちいさな幸せ 12ヶ月  〈2017年.6月〉


 「道の駅の愉しみ」

 最近、休日になると夫婦で「道の駅」に足繁く通っている。
 わが家からいちばん近い「道の駅」は、“能勢くりの郷”
 北摂から箕面トンネルを抜けて車で約30分、新緑の季節はドライブにもちょうどいい。
 ここはとにかく、野菜が安くて豊富。地元の採れたて野菜が、市価の半額~2/3の価格で買える。

 6月半ばに出かけたときはタケノコの季節が終わり、破竹(はちく:ちょっと伸びた感じのタケノコ)
 が大量に並んでいた。店員さんによると、掘りたてだからアクが少なくて、柔らかいのだとか。
 1本200円だし買っちゃえ~と、4本購入(帰宅後、延々と下茹で作業をするハメになったのだけど)。

 破竹は店員さんの言うとおり、びっくりするほど柔らかかった。煮物とかタケノコご飯にするのは
 もったいなくて。「そうだ、タケノコステーキにしよう!」と夫と意見が一致した。
 ネットでレシピを検索すると、実にいろいろな食べ方がある。

 せっかくだから、たくさん試してみようと、ホットプレートの上にアルミホイルを何枚か並べて、
 両面をこんがり焼いたタケノコをホイルに移して、それぞれ味付けを変えてみる。
 「バター+醤油」「めんつゆ+七味」「焼肉のタレ+一味」「バター+醤油+チーズ」
 まあ、どんな味付けでも美味しいのだけど、なかでも「バター+醤油+チーズ」が絶品だった。

 その他、そら豆、新たまねぎ、スナップエンドウ、ブロッコリー、葉野菜など大量に購入したので、
 何を買ったか忘れないように付箋にメモして、仕事部屋のデスクの横に貼っておく。
 一週間で食べきれるかどうかの野菜の名前を眺めながら、夕食のメニューを考えるのだけど、
 これがなんというか、すごく楽しい。つやつやでイキのいい野菜が冷蔵庫にたっぷり入っている。
 それだけで人はこんなにも幸せな気分になれる、というのが新鮮な発見だった。

 さらに、「道の駅」の野菜には、生産者の名前が書いてあるのもいい。
 渡辺久次さんだったり、林 典子さんだったり、顔はわからないけれど、ちゃんと野菜の向こうに
 作った人の存在が見えるから、「ありがとうございます」という感謝の気持ちが湧いてくる。

 たぶん、だからだろう。
 人参の葉っぱもブロッコリーの茎も捨てるのがもったいなくて、自然と最後まで使うようになった。
 人参の葉はちょっぴり苦いけれど、ひき肉と味噌で炒めて佃煮にすると、白ごはんによく合う。



Copyright(c) 2005  Mizuki Nakajima. All rights reserved