Mizuki Nakajima Official Website 

    中島未月 公式サイト     
本文へジャンプ
TOP ごあいさつ プロフィール 著書 五行歌 近況 ブログ リンク  

   

生きてゆくことは、しあわせな言葉を一つひとつすくいあげてゆくようなもの
幸せな言葉は、使う人自身や周りの人を幸せな気持ちにしてくれます
くり返す毎日、心の晴れる言葉を探しながら暮らしてみませんか?



お知らせ

2017.6月
 『PHP のびのび子育て』7月号にて、子どもの「好き」を大事にして、というエッセイを掲載して
 いただきました。どこかで見かけられたら、ぜひ。 

2017.3月
 「関西・祈りをめぐる物語」
 なかでも、“邪馬台国・卑弥呼”を探す旅は、考古学ファンの方に喜んでいただいています。
 奈良県の唐古・鍵遺跡纒向遺跡からみた女王・卑弥呼像をぜひ。

2016.9月
 9月より、Webサイト・関西ウーマンにて、「関西・祈りをめぐる物語」の連載が始まりました。
 毎月・第2木曜日更新で、全10回の予定です。お時間のあるときに、ぜひ。

2016.3月 
 写真詩集『あなたに、会えてよかった』(PHP研究所/1300円+税) が発売になりました。

      

 『だから優しく、と空が言う』でご一緒した、空の写真家HABUさんとのコラボレーション。
 人生の中で出会った「会えてよかった」と思う人たちにプレゼントして欲しい、そんな想いを
 込めて作った一冊です。ただいま、発売を記念したBook Movieを公開中です。

 
2015.3月

 絵本『さよなら、またね』の翻訳版『안녕,또 보자』が韓国で発売になりました。

 翻訳版は、韓国書籍・絵本などを扱う「韓国情報広場」さんにて、ご購入いただけます。
 日本語版と合わせて、語学学習などに、お役立ていただければ嬉しく思います。


日々のこと~ちいさな幸せ 12ヶ月  〈2017年8月〉


 「誕生日にすること」

 8月、52歳になった。
 私にとって誕生日は、毎年、自分を見つめ直して人生の方向性を確認する日。
 たとえば一年の始まりよりも、誕生日のほうが、ずっとそういう作業がふさわしいと思えるから。
 そういうわけで、52歳の誕生日。50歳からの人生をすこしふり返ってみた。

 50歳になったとき、「やっと50代になった。人生はこれから!」と、ウキウキしたのを覚えている。
 なぜって、女性の50代は子育てもひと段落して、持ち時間が増える。ようやく自由に、自分らしい
 生きかたを模索できる年代だから。

 仕事の流れでいえば、実際に50歳は40代の総まとめみたいな1年。そして51歳は新しい流れを
 意識して、元の流れと新しい流れとの分水点で新たな船を作るような1年だった。
 
 52歳。これからの1年は、とにもかくにも新しい流れに漕ぎ出していこうと思っている。
 川の深さも、流れの速さも、周りの景色も今までとは違って、正直なところ、進むという感覚が
 まだ掴めていないのだけど。変化のときは、きっとそうだと思うので、焦らずに。結局は、自分の
 「決心」というか「志」を信じるしかないんだろうな、と思う。
 
 何はともあれ、52歳の自分との約束。
 仕事でもプライベートでも、心がけたいことを3つ書きとめてみた。

  ・シンプルに考える
  ・心ときめくほうを選ぶ
  ・描いた未来に疑問を持たない
 
 365日、たゆまず、書き重ねていきたいと思います。



Copyright(c) 2005  Mizuki Nakajima. All rights reserved